土木工事で出る土の処理|人命救助に必要なAEDはアルソックがおすすめ|サポート体制も充実
女性

人命救助に必要なAEDはアルソックがおすすめ|サポート体制も充実

土木工事で出る土の処理

工事

土を改良する設備の特徴

地面に穴を開ける土木工事では必ず大量の土砂が発生します。その土砂はそのまま捨ててしまうわけではなく、しっかりと再利用されるのです。その際利用先の用途に応じて土を改良する機械設備が土質改良機となっています。土を入れて土砂の粒ごとの大きさに分けたり、腐葉土を入れて栄養豊富な土にしたりと様々な特徴を持った土質改良機が存在するのです。そうして改良された土砂は埋め立てや農業などに再利用されていきます。土木工事で出る土砂はこうした改良を行わなければいけないと法律や条令で定められているので注意が必要です。専門業者に委託してもいいですが、土質改良機を自社で運用すれば効率のいい土木工事を行うことができるでしょう。

土質改良で工夫する点

土砂を改良するために土質改良機を運用する場合はしっかり工夫しなければなりません。それというのも土砂の利用先によって必要な改良が大きく異なるからです。大きな土質改良機を一つ用意しておけばいいというわけではありません。小さな土質改良機を複数用意すると様々な状況に対応することができるでしょう。土質を改良する機械はプラントが一番大型で大量に改良でき、ふるい機が短時間で砂などを分離させることができます。そうした二つの機械の中間に位置するのが土質改良機なので、その特性をしっかり理解して運用していきましょう。埋め立てに使う土の場合は短時間で大量に改良することができるので、余裕があまり無いときはその改良を中心に行うべきです。