業務効率を考える|人命救助に必要なAEDはアルソックがおすすめ|サポート体制も充実
女性

人命救助に必要なAEDはアルソックがおすすめ|サポート体制も充実

業務効率を考える

工事現場

定期的な清掃が秘訣

特殊機械と言われる残土ふるいでも、清掃やメンテナンスをこまめに行うと、長持ちさせることができます。 残土ふるいの清掃は、一般的に使用後に行います。作業中に、舞い上がり付着した粉塵や土埃をきれいに落とすためです。飼養する洗剤は、中性洗剤がベストです。中性洗剤は、残土ふるいにとって優しい成分で構成されています。どの洗剤がふさわしいか、事前に調べてから洗浄処理を行いたいです。 また、水道に繋げる長いホースを用意します。長いホースは柔軟性に富んでおり、残土ふるいの入り込んだ部位まできれいに洗い流すことができます。高圧洗浄器を用いた洗浄方法もあります。水圧が高く、汚れを残すことなくピカピカに洗い上げます。さらに短時間で洗浄可能なため、業者は知っておくと作業の効率化を図ることができます。

付属品がとても便利

残土ふるいは、特殊機械メーカーから取り寄せることができます。予算に合わせてオーダーすることができ、中古品やレンタルとしてもお取り寄せが可能です。新品や中古品には、付属品としてベルトコンベアや土嚢袋がついてきます。ベルトコンベアは非常に使い勝手がよく、作業する上で重宝されます。その理由は運び出した残土や石を目的の場所まで自動的に運搬できるからです。ベルトコンベアは、人体に労力を掛けず、効率的に残土を移動させる働きがあるのです。土嚢袋は、現場で出た残土を詰めるために用いられます。特に農地では多量の堆積物や残土が出る傾向にあります。土嚢袋は容量が大きく、現場では一役を担っています。残土が詰められた袋は、河川の氾濫防止などでも役割を発揮します。